カタコトニツイテ

ゆる~い本の感想と紹介をしています。想うこともつらつらと。

2022-02-12から1日間の記事一覧

「ダック・コール/稲見一良」の感想と紹介

146.ダック・コール/稲見一良 リョコウバトという鳥は、過ぎ去ったある時代の天空を翔ぬけたパッセンジャーの大集団であり、サムという名の一青年は、今はもう還ることのないある時ある所の、豊穣の自然に触れることのできた幸運者であり、彼もまた時の流れ…